理事長挨拶

 終戦からわずか4年の1949年、「新日本の再建は我々青年の仕事である」という使命感の下に日本の青年会議所の灯は燈りました。始めは小さな燈火であったその運動は、時代の変革とともに少しずつ、そして確実にそれぞれの地域の一隅を照らし、1978年635番目の青年会議所として園部青年会議所は誕生いたしました。船井青年会議所が誕生し44年という歴史を刻み、設立45周年を迎えることができるのも偏に、想いのバトンを弛むことなく我々に受け継いでくださいました先輩諸兄姉のご尽力の賜物と、日頃より我々の運動に対しご理解とご支援、ご協力を頂いております行政並びに関係諸団体、地域住民皆様のお陰でございます。改めて敬意を表すとともに深く感謝申し上げます。

 さて、船井青年会議所が創立45周年を迎えるにあたり、先輩諸兄姉が築いてこられた活動や運動の歴史は、どのような困難な時代に於いても英知と勇気と情熱をもって船井地域に根ざした活動を展開し、その存在を確かなものへと成長させて参りました。近年では、未だかつて類を見ないパンデミックにより、経済はもとより生活様式に於いても大きな影響を与え、当たり前のことが当たり前のように行えないそんな困難な時代へと変わりました。しかし、どのような困難な時代であっても諦めず乗り越えて来られたのは、船井青年会議所に関わる全ての方々そして脈々と受け継がれてきたこの地域に対する熱いひたむきな思いがあったからこそだと考えます。その思いを更に未来へと引き継ぐためにも一心となり、どのような困難な時代に於いても自らが果敢に挑戦し続け、その先の未来を描いて行ける、そんな誰もが憧れる素晴らしい組織へと成長し続けることが「明るい豊かな社会」の実現へ繋がるものと確信し、一年間邁進して参ります。

一般社団法人船井青年会議所

​第45代理事長 小西 真也

3.jpg

第45代 理事長

​小西 真也

​Shinya Konishi

       『2022年度 スローガン』
         一心に!
​      ~自らがストーリーを描ける燈となれ~