資質向上委員会​ 委員長方針

​小寺 樹

 船井青年会議所は地域交流や自己研鑽と地域のため、また自分たち自身の成長のため活動を行って参りました。この活動を推進していくには、メンバー一人ひとりの力が必要であり、また人数が多くなることで組織としての活力にも繋がるものと考えております。しかし近年メンバー数が減少傾向にあります。この原因の一つには自身の仕事と結びつきにくく、仕事と両立して活動を行う事にメリットがないと感じている方々がいるのではないかと考えます。この現状を克服していくには、船井青年会議所としてのメリットを感じてもらうと共に、より一層自己の成長にもなり、かつ自身の仕事に活かせるような活動や研修を行う事が必要であります。

 まずは、拡大対象者やメンバーに対し船井青年会議所に学びがあると感じて頂くために、地元だからこそ活かせる研修例会を行い、知人友人に勧められる組織を醸成する事で会員拡大へと繋げて参ります。そして、メンバー自身の仕事や会社にとって船井青年会議所が学び大きい場だと感じて頂くために、ビジネス関連研修例会を行い、自己の成長ひいてはビジネスをJCに感じて頂くために、実業に活かせる知識を身につけてもらう機会と致します。またメンバーに対し青年会議所と仕事を結びつきやすくして頂くために、仕事とJCとの関わり方を学んで頂き、船井青年会議所へのメリットを醸成致します。

 結びに、当委員会はメンバー全員の協働を心掛け、メンバーとしての所属意識と責任感、そしてJC活動を通じて普段得られない経験と友情を育む委員会とすることを目指します。その結果、多くの方にJCに好印象を持っていただける委員会としての姿を見せるよう、まずは私個人の資質向上を図ることも大切にします。年度終了後、一年間を振り返り、組織と自分たち自身の成長を実感できるよう当委員会運営を通じて取り組んで参る所存です

社会開発委員会​ 委員長方針

​出畑 俊一

 

 私たちが暮らす船井地域は、少子高齢化と外部への人口流出により日本創生会議が指摘する消滅可能性都市に該当します。今後船井地域を持続可能な地域にしていくためには、人口流出を減少させ定住人口を増やしていくことが必要となり、私たちは青年会議所活動の中でまちづくりのリーダーとして培ってきた様々な考え方や経験を活かして、そのきっかけを模索していくことが必要です。

 まずは行政および関係諸団体の方々に、船井青年会議所の今年度の活動方針および意気込みを知っていただくために、一堂に介することができる賀詞交換の場を設けて発信することで、今年度の私たちの活動を円滑に進める一助とします。そして、子供たちに自身の住み暮らすまちに対して愛郷心を育んで頂くために、地域全体を巻きこんだ交流の場を作り地域住民同士の交流の機会を設け、子供たちに楽しかった思い出を刻み込むことで、このまちに住み続けたいと思っていただく機会とします。また入会対象者との新たな出会いを創出するために、地域の事業者との交流の場を設け相互理解を深めて信頼関係を構築することで、会員拡大に繋げます。

 最後に、人は一人では成長できず周りから影響を受け学ぶことではじめて成長することができます。人との出会いが人を作り、人との出会いが自分を成長させるのです。それはこのまちに暮らす子供達にとっても同じで、私たちが出会いの場を創出することで、子供達にとって楽しかった思い出が愛郷心を育み、このまちを必ず明るい未来に導くことができる、そう確信し活動に邁進していく所存です。

総務情報委員会​ 委員長方針

​田井 佑介

 

 京都府下で会員数ワースト1に迫る現在、例会や総会の参加員数も会員の半数程度になっています。参加者の低下はメンバーの活動意欲を下げ帰属意識の低下を招き、さらには退会者が出るという負の連鎖に陥り、この先の組織運営を困難にしてしまいます。この現状に歯止めをかけるためにも、今一度、会議の重要性と組織の在り方を見つめなおし、新たな仲間が集える持続可能な組織になる事が重要であり、会員一人ひとりが責任と自覚とやりがいを持って活動し続ける姿を発信して行く必要があります。

 

 まずは、会議の重要性を意識し規律ある組織を醸成していくために、理事会や総会の資料作成から設営、各種会議に必要な書類整理や備品に至るまでしっかりと確認し準備を行うことで、的確な議論を交わせる環境を創出いたします。そして、私たちの活動に共感し一人でも多くの方々の賛同を得るために、対内紙やホームページを活用し、さらに今の時代に即した形で発信することで、地域住民を巻き込んだ事業展開が円滑になると共に新たな仲間と巡り合うきっかけを創造してゆきます。また、会員一人ひとりに青年会議所活動に対するスケールメリットを感じて頂くために、他LOMとの交流を通し多くの出会いを創出し、自身の活動を違う角度から見つめ直すことで、帰属意識高める機会とします。そして、船井青年会議所活動を今後も継続して行っていくために、利他の精神を持ちお互いを高めあう方法を学ぶことで、未来に向けた組織力の向上を目指します。また、船井青年会議所をさらに活気ある組織にするため、地域に住まう事業者や入会対象者に青年会議所の魅力を伝え深く知って頂く事で、会員拡大に繋げます。

 結びに、会員一人ひとりが青年会議所活動に前向きになり、様々な学びを得て成長していく船井青年会議所は、明るく豊かな社会を実現させる持続可能な組織になると確信し、スローガンの「一期一会」を胸に、事業・例会・理事会のその日その時の出会いを大切にし、未来に繋がるよう活動に邁進いてまいります。

 

一般社団法人 船井青年会議所

〒622-0041
京都府南丹市園部町小山東町島所40-1 マンション西山106
TEL 0771-62-2911

FAX 0771-63-0277 

  • Facebook
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now